page1 page2 page3 page4 page5

心拍計


心拍計とは、心拍数を測定・表示・記録する装置。脈拍計ともいう。 主に胸部に取り付けるセンサーと表示・記憶装置から構成される。スポーツ用の表示・記憶装置は、主として腕時計型をしている。 機種により、特定のスポーツに対応したオプションのセンサーをもつものや、消費カロリーの計算、速度計算などの機能を兼ね備えているものもある。 心拍計は自分の心臓の鼓動をモニターする道具です。それにより自分の心臓が1分間に何回鼓動しているか、すなわち心拍数がどれくらいであるかが分かります。 市販の個人用心拍計は、一般に胸部に取り付けるセンサーと腕時計型の表示装置の二つの部分によって構成されるものが多いが、 簡易型の機種では、腕時計型の装置にセンサーを備えているものもある。最も簡単なものでは、小型の装置に指を当てるだけというものもある。 胸部に心電図検出用のセンサー(電極)を付けるものがより正確な測定が行えるとされる。 心拍計とは、いわばエンジンの回転数をはかるためのもの。感覚的なしんどさではなく、きちんと体を管理することで、より効率的なトレーニングを行うことができます。 本体とトランスミッター、取り付けパーツのセットです。 心拍数と運動による身体への負荷には直線関係があるため、運動中の心拍数を把握することで、科学的なトレーニングを行うことが可能となる。 心拍数を確認しながら運動することで、安全に効率的に、エクササイズの目標を達成するために、運動の強度を上げたり下げたりすることができます。 大概の心拍計というのは、センサーの付いたチェストベルトと呼ばれるものを、胸にぐるっと巻くわけです。 このセンサーというのが電極でありまして、心電図と同じ要領で心臓の動きを捉えるわけです。 それをパルスに変換し、液晶表示付きのレシーバーに送って、心拍数をモニターできるようになっている。
心拍計
塗料とは
接着剤とは
潤滑油とは
水栓とは