紫外線対策を効果的にする方法

 
紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)対策としては、まず、日焼け止めを塗ることが重要でしょう。

日焼け止めには、SPFとPAが表記してありますが、SPFがシミやたるみ、しわの原因になるUV−A、PAが日焼け、炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)、雀斑の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)であるUV−Bをどのくらい防ぐ事が可能なかを表します。

紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)を浴びて肌が赤くなってしまうまでの時間を二十分〜30分と仮定すると、20分〜三十分×SPFの数値が効果が持続する時間の目安になりますから、一度日焼け止めを塗れば安心と言う訳ではないんです。

PAは+で表記されており、+が1つなんだったら、日焼け止めを塗らない時と比べれね、二倍から4倍くらいUV−Bを防げます。

++で4倍から8倍、+++で8倍以上、++++で16倍以上のUV−B防止効果が期待できるでしょう。

こういった日焼け止めを紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)の量にあわせて、こまめに塗ることが最も重要な紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策です。

また、日傘(日差しを遮ることを目的とした傘です)を差したり、UVカット加工されている服やサングラス(ニッケルやクロムなどで着色し、紫外線の害が目に及ねないようにしています)、帽子、肘までの手袋などを使うのもいいですね。

それに、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)で紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策する事も出来ます。

自分にとって続けやすい方法で、季節や天候には無関係に毎日、紫外線対策するようになさってくださいね